テスト

プレゼントにもおすすめ!高級ビーフジャーキーベスト6!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_2357

「プレゼントにビーフジャーキー」

これでお父さんや、
会社の上司は大喜び間違い無しだ。

ということで今回は、
プレゼントにもオススメできる、
高級なビーフジャーキーを5つご紹介しよう!

きっとあなたの見た事無い
ビーフジャーキーばかりになるだろう!

スポンサードリンク

1.神戸伍魚福 国産牛肉ジャーキー

まず1つ目は、
神戸の伍魚福(ごぎょふく)の
「国産牛肉ジャーキー」だ。

これは、
大きさが特徴的なビーフジャーキーだった。

1-1.概要

しっかりとした箱に入で届いた、
伍魚福の国産牛肉ジャーキー。

ごぎょふくはこ

メッセージまで書いてある。

手紙

「真心」が感じられる。

そして開けると・・・
でかい

でかい!!

タテ30cm、ヨコ20cmとのこと・・・。

味は果たしてどうなのだろうか?

1-2.各評価

油っぽさ:★★★★☆
味の濃さ:★★★☆☆
肉の旨味:★★★★☆
肉厚さ :★☆☆☆☆
風味  :★★★★★
固さ  :★★★☆☆

総合点・・・86点
※各評価点と総合点について

1-3.論評

このビーフジャーキーの特徴は
「お上品な味」という感じだろう。

醤油がやさしく、
風味がかなり有り高級感がある。

コンビニのビーフジャーキーでは、
なかなか味わえない感じがする。

でかいので厚さはないが、
噛みごたえがないわけではない。

しっかりと噛んで楽しめる。

・・・しかし、個人的には
「いちいち手でちぎるのが面倒」だと思ってしまった。

まぁ、それが取り柄なのだろうが、
面倒がりやの私向けではなかったのだろう。

1袋60gだが大きいので、それ以上の食べ応えはある。



味はとても美味しいのでオススメはできる。

では、2つ目にいこう。

スポンサードリンク


2.伊藤ハム 復刻版 缶入りビーフジャーキー

2つ目は伊藤ハムの
「復刻版 缶入りビーフジャーキー」だ。

昔に発売されていたものらしく、それの復刻版らしい。

2-1.概要

伊藤ハムブランドということもあり、
期待できそうなビーフジャーキー。

こちらもしっかり箱に入ってきた。
箱入りビーフジャーキー
開けるとさらに、黄色い紙で包装されている。
包装
さてさて、食べてみよう。

2-2.各評価

油っぽさ:★★★☆☆
味の濃さ:★★★★☆
肉の旨味:★★★★★
肉厚さ :★★★☆☆
風味  :★★★★☆
固さ  :★★★☆☆

総合点・・・89点
※各評価点と総合点について

1-3.論評

形を見ると、一見コンビニに
置いてありそうなビーフジャーキーに見えるが、
食べてみるとわりと上品なビーフジャーキーだった。

伊藤ハム

特に肉のほぐれ方などが、
コンビニには置いてない感じだ。

あとは肉の旨味を感じることもできる。

程よい脂っぽさで、
程よい噛みごたえで
やわすぎずかたすぎずでちょうどいい。

後味がちょっとだけピリっとしてるので、
味に飽ることもなく、あっという間に食べ終えてしまう。



欲を言えばもう少し、
ジューシーさを感じられたら良かったかな。

3.喜八郎 飛騨牛ビーフジャーキー

これはトンデモないビーフジャーキーだ。

というか、
「これは、ビーフジャーキーなのだろうか」という疑問すら残った。

3-1.概要

飛騨牛ビーフジャーキーは、
特に箱などには入ってってこなかった。

喜八郎
(↑チラシは同封されていたが。)

さてさて、食べてみよう。

3-2.各評価

油っぽさ:★★★★★
味の濃さ:★★★☆☆
肉の旨味:★★★★☆
肉厚さ :★★☆☆☆
風味  :★★★★☆
固さ  :★★☆☆☆

総合点・・・89点
※各評価点と総合点について

3-3.論評

これは・・・
ビーフジャーキーというより生ハムに近い

なんてったって、このようにサシが入っているのだ!

サシ

これはきっと、
「ビーフジャーキー」という枠では勝負してない。

高級ステーキのように脂身がとろける。

腹が減ってる時に食うと、めちゃめちゃうまいだろう。

同じ脂っぽいビーフジャーキーの
国産和牛ビーフジャーキーとは、
美味さのレベルが全然違う。

黒毛
(※国産和牛ビーフジャーキー)

こちらはなんというか・・・
脂自体に品があるという感じか。

不思議すぎるビーフジャーキーだ。
(もはや、ビーフジャーキーなのか?)

カッチカチの固いビーフジャーキーを
しゃぶりたい人にはオススメしないが、
自分の舌で一度試してみてほしいジャーキーだ。



欲をいえば、もう少し量が入っていると嬉しかった。

4.山形の干牛肉(ビーフジャーキー)

最後は、値段的にはちょっと安くなる
「山形の干牛肉(ビーフジャーキー)」を紹介。

このビーフジャーキーは、色々注意が必要だ。

4-1.概要

まず、パッケージはとても美味しそう。

IMG_2557
しかし、冒頭でも言ったとおり、
このビーフジャーキーは注意が必要だ。

パッケージに小さい文字で書いてあるのだが、
「原料は豪州産牛肉」だそうだ。

つまり、
「山形の干牛肉」という名前だが、
それは製造工場が山形県だからであり、
お肉自体はオーストラリア産なのだ。

ちょっとガッカリだが、
とりあえず食べてみようじゃないか。

4-2.各評価

油っぽさ:★★☆☆☆
味の濃さ:★★★☆☆
肉の旨味:★★★★☆
肉厚さ :★★★☆☆
風味  :★★★★☆
固さ  :★★★★☆

総合点・・・75点
※各評価点と総合点について

4-3.論評

まず、
このビーフジャーキーは辛口と甘口がある。

そして今回食べたのは甘口なのだが、
思ったよりはピリっとしていた。

辛口だったらかなり辛いことが予想される。

ちなみに、お肉自体はこんな感じ。

IMG_2558
けっこう固めであり、味が薄めなのが特徴か。

まぁ、確かに美味しいんだけど、
「ちょっと値段が高いかな〜」と個人的に思う。



次は辛口を食べてみたい。

5.やまと 松阪牛ビーフジャーキー

衝撃的なビーフジャーキー。

それがこの、
やまとの松阪牛ビーフジャーキー」だ。

そこでここから、
その松阪牛ビーフジャーキーを
徹底的に紹介しよう。

5-1.概要

こちらがその、
松阪牛ビーフジャーキーが届いた状態だ。

IMG_2646
黒い箱に金の文字という、
かなり高級感があふれるので、
プレゼントにも良いかもしれない。

そして、箱を開けると、
なんと冷凍状態で届くのである。

松阪牛ビーフジャーキー
裏を見るとわかるように・・・

松阪牛ビーフジャーキー
-18度以下での冷凍保存が推奨されている。

ちなみに食べるときは、
食べる30分前に冷凍庫から取り出し、
自然解凍で食べると良い。


それでは、
早速食べていこう。

5-2.各評価

油っぽさ:★★★★★
味の濃さ:★★★★★
肉の旨味:★★★★★
肉厚さ :★★★☆☆
風味  :★★★★☆
固さ  :★★★☆☆

総合点・・・93点
※各評価点と総合点について

5-3.論評

これはこれは・・・
とても美味しいビーフジャーキーだ。

まず、
どのようなタイプかというと、
サシが沢山入っていて、
柔らかくて美味しいタイプ。


さきほど紹介した、
「喜八郎 飛騨牛ビーフジャーキー」よりも、
脂が乗っていて味も濃いめだ。

そして、
1枚も大きいので、
とても食べ応えがある。

松阪牛ビーフジャーキー
味はペッパーなどによる辛味はなく、
王道なしょうゆ味という感じ。

風味もあって、
とても良い味付けだ。


ただ、
脂っぽいのが苦手な人は。
やめておいた方が良いだろう。

味はもちろん、
包装なども綺麗なので、
プレゼントとしてもオススメできる。

かなりオススメなので、
ビーフジャーキーが好きな人には、
こちら」より1回は食べて欲しいと思う。

6.石垣島産 黒毛和牛ジャーキー

少し変わった、
高級ビーフジャーキー。

それがこの、
石垣島産 黒毛和牛ジャーキー」だ。

それではここから、
その魅力について迫っていこう。

6-1.概要

こちらがその、
石垣島産 黒毛和牛ジャーキー」パッケージだ。

IMG_2823
なかなか雰囲気があり、
けっこう期待ができそう。

石垣島産の和牛に、
石垣島産の塩を使ってる
ということで、
なかなか拘りも感じるし、
発色料や保存料も未使用ということで、
比較的体にも良さそうだ。

それでは、
早速食べていこう。

6-2.各評価

油っぽさ:★★★☆☆
味の濃さ:★★★★☆
肉の旨味:★★★★☆
肉厚さ :★★☆☆☆
風味  :★★★☆☆
固さ  :★★☆☆☆

総合点・・・80点
※各評価点と総合点について

6-3.論評

発色料や保存料などがないとのことで、
見た目の色は正直あまり良くない。

IMG_2824
そして食べてみると、
味はしょっぱい系ではなく、
「甘い系」のビーフジャーキーだ。

よくよく見てみると、
「糖類(水飴・砂糖)」と書いてあるので、
これがその甘さの原因だろう。

個人的には、
しょっぱい系が好きなので
正直好みではないが、
別に美味しくないわけではなく、
ここら辺は好みの問題だろう。

IMG_2826
ビーフジャーキー自体には
さし(脂肪)がチョクチョク見られるが、
食べてみるとそんなに油っぽさは感じないので、
その点は大丈夫だ。


最後に

いかがだっただろうか?

それぞれがそれぞれに、
特徴があって面白かったのが個人的な感想だ。

上品なのが好きな人は、神戸伍魚福。

ビーフジャーキーに慣れていて、
いつもより美味しいのが食べたい人は伊藤ハム。

脂っぽいのも全然いける人は、喜八郎とやまと松阪牛。

高級ビーフジャーキー試してみたい人は
こういう感じで食べ分けるといいかもしれない。

プレゼントする時もこういう感じが良いだろう。
(伊藤ハムは包装が丁寧という面では良いかも)

ちなみに、
「美味しい牛たんジャーキー」を探してる方はこちらを
厳選!おすすめの牛タンジャーキーベスト5!

では、良きビーフジャーキーライフを!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>